保育士資格げっと

保育士とは

保育業界の現状

数ある資格の中でも保育士資格は昔から非常に人気が高い資格として知られています。0歳から6歳まで、乳児から小学校就学までの幼児を保育する為には、保育士資格を取得しなければなりません。2003年から国家資格に認定された保育士資格は、一度取得すれば更新手続きをせずに一生保育士を名乗り、働くことが可能です。

1998年までは保母資格と言う名称だった為「保母さん」の呼び名で親しまれていましたが、1999年からは児童福祉法の改正により正式名称が保育士資格に統一されました。職業名から男女の区別をなくすことが目的だったのでしょう。

現在、保育士のニーズが非常に高まっている状況です。少子化問題が深刻化する近年、子供を相手にする保育士は需要が落ち込みそうな気がしますが、実は出産後も働く母親が増えている影響で小さなお子さまを預ける場が圧倒的に不足しているのです。待機児童問題があちこちで勃発していることからも、保育士がいかに重宝されているかお分かり頂けるのではないでしょうか。

しかも、最近は家庭の事情に合わせて保育所の保育時間もどんどん多様化し、延長保育といった新しい特殊サービスも拡大しています。通常保育時間は11時間と決められていますが、11時間以上保育時間を延長したり休日保育、夜間保育と言った対応を求める家庭が急増している為、保育所の方でも施設のルールを変更せざるを得ない状態が続いています。当然保育士のニーズも高まりますし、「夜間だけ」と言った短時間保育士の求人も増えるわけです。

また、最近は働く女性を支援する企業が増え、企業内に保育施設を設置するケースも増加していますし、乳児院や知的障害児施設など保育所以外にも保育士の資格を必要とする職場はたくさんありますから、今後益々保育士が求められる場面は増え続ける筈です。

一昔前までは「保育士=女性」と言うイメージがありましたが、この頃は男性保育士の数もどんどん増えていることからも、保育士のニーズの高さ、職業としての安定力をうかがうことができます。一般的なお仕事では結婚や出産は単純なブランクとしてネガティブに捉えられることも少なくありませんが、保育士の場合育児経験も職業的なプラス材料になりますので、非常に女性に向いている職業と言えるでしょう。

● 脱毛サロンでの脱毛をお考えの方はエピレのサイトをご覧ください。

● 全身脱毛の口コミを知りたい方は全身脱毛のサイトをご覧ください。

● キャッシングを考えている方はキャッシングのサイトをご覧ください。

スポンサードリンク